福岡の人材育成・企業研修・社員研修・コンサルティング

株式会社オール・マイ・プレジャー

福岡の社員研修のお問い合わせなら 092-332-3001

人事担当者や部下の育成に役立つ

人材育成コラム

部下の仕事の成果を上げていく業務指示のやり方


 
こんにちは、オール・マイ・プレジャーの吉村です。
 
今回は、「部下の仕事の成果を上げていく業務指示のやり方」
 
について、お伝えしたいと思います。
 
部下に業務を依頼した時に・・・
・期待していたようなものが仕上がってこない
・なんかズレていることをやっている
・時間をかけた割には、大したものが出来ていない
 
そんな風に感じたら、業務を依頼する時に以下の事を
共有していないことが原因かも知れません。
 
それは、その業務の「目的とゴール」です。
 
作業指示はきちんとしているのだが
思ったように上がってこないということは
 
最終的な仕上がりイメージがあなたと部下の頭の中で
違うものになっていることが感がられます。
 
つまり、ゴールの共有です。
 
 
また、資料作成などであれば、口頭での共有だけでは
不十分で、目に見えるもので共有した方が精度があがります。
 
例えば、過去の資料や参考資料を持ってきて、
指示をすると完成イメージを共有しやすくなります。
 
 
そして、もう一つの共有は、目的です。
 
「何のためにその業務を行うのか?」ということです。
 
この目的によって、仕事の中身や完成物の中身が変わってきます。
 
 
資料であれば、お客様に提出するものなのか?社内資料なのか?
お客様に提案するものであれば、受注目的なのか?参考資料なのか?
その資料は、誰が見て、どんな風な反応をしてもらうものにするのか?
 
という風に目的が明確になれば、
資料の創意工夫や表現方法が変わってきます。
 
資料を読む人が、ご年配の人で、読んでこれ欲しいと思ってもらう事が
目的であれば、フォントサイズを大きくしようとか、専門用語を出来るだけ
使わないとか、文字より図を多用しようとか
 
自然と変わってきます。
 
 
以外とこの「目的とゴール」を伝えていなかったり
逆に部下も「目的とゴール」を聞かずに作業を進めていることが
往々にして見かけます。
 
これで、業務がスムーズに行っていない、意思疎通がうまくいない
最終的に上司・部下の関係性がギクシャクしてくる。
 
そういうことにつながっていきます。
 
最初のボタンのかけ間違いからという感じですね。
 
 
業務を依頼するときに「目的・ゴール」をしっかりと共有して
進めてみては、いかがでしょうか?
 
今よりも業務がスムーズにいき、部下も成長していきますよ。
 
 
 
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

部下の仕事の成果を上げていく業務指示のやり方


 
こんにちは、オール・マイ・プレジャーの吉村です。
 
今回は、「部下の仕事の成果を上げていく業務指示のやり方」
 
について、お伝えしたいと思います。
 
部下に業務を依頼した時に・・・
・期待していたようなものが仕上がってこない
・なんかズレていることをやっている
・時間をかけた割には、大したものが出来ていない
 
そんな風に感じたら、業務を依頼する時に以下の事を共有していないことが原因かも知れません。
 
それは、その業務の「目的とゴール」です。
 
作業指示はきちんとしているのだが、思ったように上がってこないということは
 
最終的な仕上がりイメージがあなたと部下の頭の中で、違うものになっていることが感がられます。
 
つまり、ゴールの共有です。
 
 
また、資料作成などであれば、口頭での共有だけでは、不十分で、目に見えるもので共有した方が精度があがります。
 
例えば、過去の資料や参考資料を持ってきて、指示をすると完成イメージを共有しやすくなります。
 
 
そして、もう一つの共有は、目的です。
 
「何のためにその業務を行うのか?」ということです。
 
この目的によって、仕事の中身や完成物の中身が変わってきます。
 
 
資料であれば、お客様に提出するものなのか?社内資料なのか?
お客様に提案するものであれば、受注目的なのか?参考資料なのか?
その資料は、誰が見て、どんな風な反応をしてもらうものにするのか?
 
という風に目的が明確になれば、資料の創意工夫や表現方法が変わってきます。
 
資料を読む人が、ご年配の人で、読んでこれ欲しいと思ってもらう事が、目的であれば、フォントサイズを大きくしようとか、専門用語を出来るだけ使わないとか、文字より図を多用しようとか
 
自然と変わってきます。
 
 
以外とこの「目的とゴール」を伝えていなかったり、逆に部下も「目的とゴール」を聞かずに作業を進めていることが往々にして見かけます。
 
これで、業務がスムーズに行っていない、意思疎通がうまくいない、最終的に上司・部下の関係性がギクシャクしてくる。
 
そういうことにつながっていきます。
 
最初のボタンのかけ間違いからという感じですね。
 
 
業務を依頼するときに「目的・ゴール」をしっかりと共有して進めてみては、いかがでしょうか?
 
今よりも業務がスムーズにいき、部下も成長していきますよ。
 
 
 
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

組織づくり小冊子プレゼント
社員研修・企業研修@福岡
人事コンサルティング@福岡
人材育成コラム@福岡の社員研修
会社案内
電話でのお問い合わせ@福岡の社員研修

 
メールでお問い合わせ@福岡の社員研修
【メディア掲載】

2015年6月のふくおか経済に弊社の取り組みが掲載されました。 

2009年11月のTHE21の「21世紀に伸びる企業」に掲載されました。
 

 
2016年9月の文部科学省所管・(財)生涯学習開発財団の情報誌に掲載されました。