福岡の人材育成・企業研修・社員研修・コンサルティング

株式会社オール・マイ・プレジャー

福岡の社員研修のお問い合わせなら 092-332-3001

人事担当者や部下の育成に役立つ

人材育成コラム

部下の指導がうまくいかないと感じた時に・・・


 
こんにちは、オール・マイ・プレジャーの吉村です。
 
部下とのコミュニケーションにおいて
 
部下がこちらが思っているような結果や全然違うことを
やって来た時に、どうしても「これはダメだな」とか「全然指示した事と違うじゃないか
などと否定的な指導から入ってしまうケースが往々にしてあります。
 
上司としては、思うような結果を出して欲しいという気持ちでの
指導のはずなのですが、部下はそのように受け取ってくれなかったりします。
 
そして、それが部下の前向きな行動につながらずに
結果として、思うような成果にならなかったり、部下との関係性が悪化してしまったり 
部下が退職してしまったりすることがあります。
 
想いはあるのに、非常に残念なことです。
 
ただ、想いはあっても相手がそれを受け取って、
行動と結果が変わらなければ意味がありません。
 
では、どうやって部下の行動と結果が変わるように指導していくかということですが
まずは、前段の話では、部下に対して、否定的なところから指導していることが問題です。
 
それは、部下というか、人間は、内容はどうであれ否定されると
無意識に心を閉ざしてしまう傾向があるからです。
 
 
心を閉ざしている状態なので、その後の言葉が入ってきません。
頭で理解しても、受け取りたくない状態になったり、前向き取り組もうという気持ちには
ならなかったりします。
 
 
なので、最初の指導の仕方を変えればいいことになります。
 
まずは、否定から入らずに、部下がどのようにしたのかを聞きます。
そして、それが間違っていても、部下がそのようにした事実を受け入れてあげます。
 
「○○○○をしてしまったんだね」と。
 
ここで、否定されていない状態で、一旦自分が言ったことを受け入れてもらっているので
部下に心理的な肯定感が生まれます。
 
 
すると、心を開いている状態になるので、その後の言葉が入ってきます。
「この前説明したのは、△△△△をするようにということだったよね。この方法でやり直して」
 
というような流れで指導していくと、否定から入るように随分、部下の行動や結果が変わってきます。
 
もし、指導や指摘を否定から入ってしまっていて、
部下の指導がうまくいかないと感じている方は、ぜひ試してみてください。
 
部下の行動や結果に変化が出てきますよ。
 
 
最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

部下の指導がうまくいかないと感じた時に・・・


 
こんにちは、オール・マイ・プレジャーの吉村です。
 
部下とのコミュニケーションにおいて
 
部下がこちらが思っているような結果や全然違うことをやって来た時に、どうしても「これはダメだな」とか「全然指示した事と違うじゃないかなどと否定的な指導から入ってしまうケースが往々にしてあります。
 
上司としては、思うような結果を出して欲しいという気持ちでの指導のはずなのですが、部下はそのように受け取ってくれなかったりします。
 
そして、それが部下の前向きな行動につながらずに結果として、思うような成果にならなかったり、部下との関係性が悪化してしまったり 、部下が退職してしまったりすることがあります。
 
想いはあるのに、非常に残念なことです。
 
ただ、想いはあっても相手がそれを受け取って、行動と結果が変わらなければ意味がありません。
 
では、どうやって部下の行動と結果が変わるように指導していくかということですが、まずは、前段の話では、部下に対して、否定的なところから指導していることが問題です。
 
それは、部下というか、人間は、内容はどうであれ否定されると、無意識に心を閉ざしてしまう傾向があるからです。
 
 
心を閉ざしている状態なので、その後の言葉が入ってきません。頭で理解しても、受け取りたくない状態になったり、前向き取り組もうという気持ちにはならなかったりします。
 
 
なので、最初の指導の仕方を変えればいいことになります。
 
まずは、否定から入らずに、部下がどのようにしたのかを聞きます。そして、それが間違っていても、部下がそのようにした事実を受け入れてあげます。
 
「○○○○をしてしまったんだね」と。
 
ここで、否定されていない状態で、一旦自分が言ったことを受け入れてもらっているので、部下に心理的な肯定感が生まれます。
 
 
すると、心を開いている状態になるので、その後の言葉が入ってきます。「この前説明したのは、△△△△をするようにということだったよね。この方法でやり直して」
 
というような流れで指導していくと、否定から入るように随分、部下の行動や結果が変わってきます。
 
もし、指導や指摘を否定から入ってしまっていて、部下の指導がうまくいかないと感じている方は、ぜひ試してみてください。
 
部下の行動や結果に変化が出てきますよ。
 
 
最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

組織づくり小冊子プレゼント
社員研修・企業研修@福岡
人事コンサルティング@福岡
人材育成コラム@福岡の社員研修
会社案内
電話でのお問い合わせ@福岡の社員研修

 
メールでお問い合わせ@福岡の社員研修
【メディア掲載】

2015年6月のふくおか経済に弊社の取り組みが掲載されました。 

2009年11月のTHE21の「21世紀に伸びる企業」に掲載されました。
 

 
2016年9月の文部科学省所管・(財)生涯学習開発財団の情報誌に掲載されました。