福岡の人材育成・企業研修・社員研修・コンサルティング

株式会社オール・マイ・プレジャー

福岡の社員研修のお問い合わせなら 092-332-3001

組織に流れる血液(コミュニケーション)を良質に変え、業績・生産性向上につなげる!

コミュニケーション研修

コミュニケーション研修@福岡
コミュニケーション研修の目的@福岡
コミュニケーション研修の目的@福岡

社内に『コミュニケーションという元気の風』を通すことで、社員のやる気、積極的な行動、営業力の強化、業績向上のキッカケにしていただくための効果的な研修です。
 
弊社の研修は、すべて組織のコミュニケーション力向上を土台にしています。
その訳は、会社運営がすべてコミュニケーションで成り立っているからです。
 
◎上司との関係を築くのも壊すのも
◎部下との関係を築くのも壊すのも
◎部下へのリーダーシップを発揮するのもしないのも
◎部下のやる気を引き出すのもやる気を下げるのも
◎仕事のやりとりが上手くいったり、いかなかったりするのも
◎仕事をお願いしたり、頼まれたりするのも
◎仕事を引き受けるのも、上手に断るのも
◎会議を効果的、効率的に出来るのも出来ないのも
◎お客様との関係を築くのも壊すのも
◎クレームを解決できるのもできないのも
◎営業時に提案して成約出来るのも成約出来ないのも
◎お客様を集めるマーケティングも
 
すべてコミュニケーションで成り立っています。
 
このコミュニケーション研修は、会社運営、会社のビジョン実現を可能にしていくための経営力となる組織のコミュニケーション力を高めることを目的としたものです。
 

コミュニケーション研修のおススメ企業@福岡
コミュニケーション研修のおススメ企業@福岡

□ 社内を活性化したい!
□ 社員・従業員のコミュニケーション力を高めたい!
□ 社員のやる気を高めたい!
□ 営業力を強化したい!
□ 新入社員のモチベーションを上げ、コミュニケーション能力を高めたい!
□ 社内の改革を起こすキッカケにしたい!

コミュニケーション研修の効果@福岡
コミュニケーション研修の効果@福岡

1.コミュニケーションのの重要性や意識が向上する!
2.自身のコミュニケーションの課題に気づく!
3.組織が活性化、職場の雰囲気が変わる!
4.営業成績・販売成績が向上する!
5.上司と部下の関係性が向上する!
6.上司と部下の意思疎通が図れる
7.離職率の低下!
8.会議が活性化し、有効な時間となる!
9.会社の方針が現場まで浸透する!

コミュニケーション研修の内容@福岡
コミュニケーション研修の内容@福岡

コミュニケーション研修は、貴社の課題に合わせてオーダーメイドの研修を行っております。下記に過去の実施してきた研修の中からご要望が多い研修をご紹介します。
 
1.部下のタイプ別コミュニケーション手法
2.明日から営業力を高めるコミュニケーション手法
3.短時間でお客様、上司・部下との信頼関係を気づくコミュニケーション手法
4.次世代リーダーシップ・コミュニケーション研修
5.現場への浸透力を高めるコミュニケーション手法
6.部下のやる気や能力を引き出すコミュニケーション手法
7.伸びる人材を創出する!教育・指導力を高めるコミュニケーション手法
8.できる社員がやっている!仕事の受け方コミュニケーション
9.評価される報告・連絡・相談コミュニケーション手法
10.質問力を高めるコミュニケーション研修
11.聴く力、聞きだす力を高めるコミュニケーション手法
12.行動や結果が変わる!効果的な褒め方・叱り方コミュニケーション
13.自分の考えを整理し、わかりやすく伝える技術
14.伝えるではなく、伝わるコミュニケーション手法
15.コーチングコミュニケーション手法
 
・・・etc

コミュニケーション研修の導入の流れ@福岡
コミュニケーション研修の導入までの流れ@福岡

1.お問い合わせ
2.ヒアリング
3.ご提案&お見積り提出
4.調整
5.合意
6.契約
7.導入打ち合わせ
8.導入開始

コミュニケーション研修のお問い合わせ@福岡
コミュニケーション研修のお問い合わせ@福岡

お問い合わせは、お電話、またはインターネットからお願いします。
 
お電話でのお問い合わせ 
092-332-3001 (平日10:00~17:00)
 
インターネットからのお問い合わせ

組織づくり小冊子プレゼント
社員研修・企業研修@福岡
人事コンサルティング@福岡
人材育成コラム@福岡の社員研修
会社案内
電話でのお問い合わせ@福岡の社員研修

 
メールでお問い合わせ@福岡の社員研修
【メディア掲載】

2015年6月のふくおか経済に弊社の取り組みが掲載されました。 

2009年11月のTHE21の「21世紀に伸びる企業」に掲載されました。
 

 
2016年9月の文部科学省所管・(財)生涯学習開発財団の情報誌に掲載されました。