福岡の人材育成・企業研修・社員研修・コンサルティング

株式会社オール・マイ・プレジャー

福岡の社員研修のお問い合わせなら 092-332-3001

人事担当者や部下の育成に役立つ

人材育成コラム

部下に指示を出しても、指示通り結果にならない時に・・・


 
こんにちは、オール・マイ・プレジャーの吉村です。
 
今回は、「部下に指示を出しても、指示通り結果にならない時に・・・」
 
について、お伝えしたいと思います。
 
部下に指示を出した時、
部下から「はい、わかりました」と返事をし、部下はその仕事に取り掛かる。
 
そして、その仕事の進捗を確認したり、結果の報告を受けてみると
指示通りになっていない・・・。
 
という事ってありませんか?
 
部下に仕事の指示をする時に、丁寧に教えても
こんな結果になる。
 
指示をした後に「ちゃんとわかっている?」と念をおして聞いても
「はい、わかっています」と理解している返事が返ってくる。
 
でも、結果を見ると違う・・・。
 
コンサルティングや研修の場で部下や後輩を持つ人に聞くと
ほとんどの方が「あるある」とうなずかれます。
 
上司・部下の「あるある」話の一つですね。
 
 
上司は、丁寧に指示を出す。丁寧に教える。
部下をそれを聞いて、「はい、わかりました」と理解を示す。
 
でも、結果は違う。
 
 
どこに問題があるのでしょうか?
 
もちろん、部下の知識不足・スキル不足という事もありますが
それは今すぐに改善できるものではないので、一旦おいて置きます。
 
では、それ以外に、どこに問題があるのでしょうか?
 
実は、ほとんどの場合ここに問題があります。
 
上司と部下のお互いの
「思い込み」と「コミュニケーション」の問題です。
 
 
上司は、丁寧に指示を出す。丁寧に教える。
部下をそれを聞いて、「はい、わかりました」と理解を示す。
 
この「はい、わかりました」という返事を聞いて、
上司は理解したと思い込んでいるわけです。
 
部下は、上司が丁寧に教えてくれた指示内容を聞いて理解したと
思い込んでいるわけです。
 
本当に上司が思っていることを理解していたら出来るはずです。
もし、スキル不足で出来なかったら、出来ていないということを
本人は自覚出来ているはずです。
 
本人がおかしいと上司に報告する前に気づくはずです。
 
でも、そうはなっていないわけですよね。
 
 
ほとんど場合、「はい、わかりました」という返事が返ってきた時は
「わかっていない」と思った方が良いです。
 
ここからはコミュニケーションの問題になりますが
部下が「はい、わかりました」と返事が返ってきて
上司が「よし、じゃあ頼んだよ」と返事を返す。
 
このコミュニケーションを改める必要があります。
 
 
では、どのように改めるかというと・・・
 
 
部下が「はい、わかりました」と返事が返ってきたら
上司は、「よし、わかったんだな。では、どのようにわかったか説明して?」
と聞き返せば良いのです。
 
 
すると、ほとんどの場合は、上司が望むような返事は返ってきません。
つまり、理解していなかったという事がわかります。
 
また、どこが理解していなかったのかという事が上司だけではなく
部下自身も、自分がうまく説明出来ないので自覚出来ます。
 
この時点で、お互いが理解してもらった、理解したという思い込みを
崩すことが出来ます。
 
そして、それを修正し、改めて仕事に取り掛かってもらうことで
部下の仕事のクオリティーが上がります。
 
無駄がなくなり、生産性が上がります。
 
また、部下も結果が出せるので、モチベーションが高まります。
 
 
たったこれだけの事なのですが
このコミュニケーションで、かなりの改善が行えます。
 
 
復習すると・・・
 
部下に指示を出したとき、部下から「はい、わかりました」と返事が返ってきたら
「よし、わかったんだな。では、どのようにわかったか説明して」と聞き返す。
 
これだけです。
 
 
また、あなたが部下の立場であれば、
「自分が理解しているかどうか、説明させてもらってもいいですか?」と
指示された時に、自分から言ってみるのが良いと思います。
 
上司との関係性も良くなっていきますからね。
 
 
 
一度、実践してみて下さい。
今よりもかなり業務がスムーズに流れていくことになりますよ。
 
 
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

部下に指示を出しても、指示通り結果にならない時に・・・


 
こんにちは、オール・マイ・プレジャーの吉村です。
 
今回は、「部下に指示を出しても、指示通り結果にならない時に・・・」
 
について、お伝えしたいと思います。
 
部下に指示を出した時、部下から「はい、わかりました」と返事をし、部下はその仕事に取り掛かる。
 
そして、その仕事の進捗を確認したり、結果の報告を受けてみると、指示通りになっていない・・・。
 
という事ってありませんか?
 
部下に仕事の指示をする時に、丁寧に教えてもこんな結果になる。
 
指示をした後に「ちゃんとわかっている?」と念をおして聞いても「はい、わかっています」と理解している返事が返ってくる。
 
でも、結果を見ると違う・・・。
 
コンサルティングや研修の場で部下や後輩を持つ人に聞くと、ほとんどの方が「あるある」とうなずかれます。
 
上司・部下の「あるある」話の一つですね。
 
 
上司は、丁寧に指示を出す。丁寧に教える。部下をそれを聞いて、「はい、わかりました」と理解を示す。
 
でも、結果は違う。
 
 
どこに問題があるのでしょうか?
 
もちろん、部下の知識不足・スキル不足という事もありますが、それは今すぐに改善できるものではないので、一旦おいて置きます。
 
では、それ以外に、どこに問題があるのでしょうか?
 
実は、ほとんどの場合ここに問題があります。
 
上司と部下のお互いの「思い込み」と「コミュニケーション」の問題です。
 
 
上司は、丁寧に指示を出す。丁寧に教える。部下をそれを聞いて、「はい、わかりました」と理解を示す。
 
この「はい、わかりました」という返事を聞いて、上司は理解したと思い込んでいるわけです。
 
部下は、上司が丁寧に教えてくれた指示内容を聞いて理解したと思い込んでいるわけです。
 
本当に上司が思っていることを理解していたら出来るはずです。もし、スキル不足で出来なかったら、出来ていないということを本人は自覚出来ているはずです。
 
本人がおかしいと上司に報告する前に気づくはずです。
 
でも、そうはなっていないわけですよね。
 
 
ほとんど場合、「はい、わかりました」という返事が返ってきた時は
「わかっていない」と思った方が良いです。
 
ここからはコミュニケーションの問題になりますが、部下が「はい、わかりました」と返事が返ってきて、上司が「よし、じゃあ頼んだよ」と返事を返す。
 
このコミュニケーションを改める必要があります。
 
 
では、どのように改めるかというと・・・
 
 
部下が「はい、わかりました」と返事が返ってきたら、上司は、「よし、わかったんだな。では、どのようにわかったか説明して?」と聞き返せば良いのです。
 
 
すると、ほとんどの場合は、上司が望むような返事は返ってきません。
 
つまり、理解していなかったという事がわかります。
 
また、どこが理解していなかったのかという事が上司だけではなく、部下自身も、自分がうまく説明出来ないので自覚出来ます。
 
この時点で、お互いが理解してもらった、理解したという思い込みを崩すことが出来ます。
 
そして、それを修正し、改めて仕事に取り掛かってもらうことで、部下の仕事のクオリティーが上がります。
 
無駄がなくなり、生産性が上がります。
 
また、部下も結果が出せるので、モチベーションが高まります。
 
 
たったこれだけの事なのですが、このコミュニケーションで、かなりの改善が行えます。
 
 
復習すると・・・
 
部下に指示を出したとき、部下から「はい、わかりました」と返事が返ってきたら、「よし、わかったんだな。では、どのようにわかったか説明して」と聞き返す。
 
これだけです。
 
 
また、あなたが部下の立場であれば、「自分が理解しているかどうか、説明させてもらってもいいですか?」と指示された時に、自分から言ってみるのが良いと思います。
 
上司との関係性も良くなっていきますからね。
 
 
 
一度、実践してみて下さい。
 
今よりもかなり業務がスムーズに流れていくことになりますよ。
 
 
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

組織づくり小冊子プレゼント
社員研修・企業研修@福岡
人事コンサルティング@福岡
人材育成コラム@福岡の社員研修
会社案内
電話でのお問い合わせ@福岡の社員研修

 
メールでお問い合わせ@福岡の社員研修
【メディア掲載】

2015年6月のふくおか経済に弊社の取り組みが掲載されました。 

2009年11月のTHE21の「21世紀に伸びる企業」に掲載されました。
 

 
2016年9月の文部科学省所管・(財)生涯学習開発財団の情報誌に掲載されました。