福岡の人材育成・企業研修・社員研修・コンサルティング

株式会社オール・マイ・プレジャー

福岡の社員研修のお問い合わせなら 092-332-3001

人事担当者や部下の育成に役立つ

人材育成コラム

中途採用してもすぐに辞めてしまうという時に・・・


 
こんにちは、オール・マイ・プレジャーの吉村です。
 
中途採用をしても、なかなか続かないとか
面接でいっていたような結果を出せないとか
 
そういった事をよく耳にします。
 
中途採用なので、ある程度社会人としての常識があり
能力としても持っているという前提で入社の受け入れをされる
企業様がほとんどのように思います。
 
確かにそうなのですが、そこが落とし穴というか
上手くいかないファクターになっている事が往々にしてあります。
 
私は、企業様に中途採用であっても
改めて社会人・組織人としての在り方や教育を踏まえた受入研修を
実施するように伝えています。
 
なぜなら、中途採用で入った方は
社会人としての経験があるが故に、そのことを教える必要がない反面
その経験が入社した会社で活躍するのを阻害する要因にもなってくるからです。
 

中途採用で入った方は、社会人経験があるので
前の会社や、これまで働いた会社と比べて、今の会社を評価してしまいます。
 
前の会社は、こうだったのに。
 
また、業務のやり方や考え方も同様に前の会社と比べてしまいます。
 
前の会社では、これは自分の仕事じゃなかったのに。
ここまでやらないといけないの?それって無駄だよね。
えっ、なんでそんなやり方でやっているの?
 
などと、ドンドンそういったものが出てきます。
 
でも、これまでの経験が邪魔をして、それを正当化して
今の会社のやり方や考え方に合わせようとはなかなかなりません。
 
それで、不満が出たり、経験が活かせなかったり、能力が発揮できなかったり
して、結局退職することになってします。
 

こういう事が結構、起こっています。
 
なので、受け入れ時や面接時に
明確にこの事を伝えておく必要があるわけです。
 
そして、本人の同意を最初にとっておく必要があるわけです。
 
例えば・・・
 
中途採用ということで、経験をかって迎え入れをしたいと思っています。
ただ、経験が逆に能力を発揮するのを阻害することがあります。
前の会社と比較してしまうことがあります。
 
それは、お互いにとって良い事にはつながらないので
まずは、これまでの会社のやり方や考え方は、一旦すべて捨てて
うちの会社のやり方や考え方でやって下さい。
 
ある程度覚えて来た時、これまでの経験を活かしてもっとこうした方が
良いなどのアイディアを聞かせてもらいたい。
 
という事を伝えて、同意をとっておくわけです。
 
すると、入社してしばらく経って、これまでの経験が
今の会社で業務を遂行するのを阻害している状況になっていたら
「入社する時に話していたことが起こっているよね」ということで
建設的な話し合いが出来るわけです。
 
最初にこれを伝えていないと揉めたり、
不満が募ったりすることになります。
 
だから、中途採用であっても受け入れ研修などがすごく大事になるわけです。
 
 
皆さんの会社ではいかがでしょうか?
 
中途採用者に対して問題や課題が抱えているということであれば
こういった受け入れ時から見直してみてはいかがでしょうか?
 
最後まで読んで頂いて、ありがとうございます。

中途採用してもすぐに辞めてしまうという時に・・・


 
こんにちは、オール・マイ・プレジャーの吉村です。
 
中途採用をしても、なかなか続かないとか、面接でいっていたような結果を出せないとか
 
そういった事をよく耳にします。
 
中途採用なので、ある程度社会人としての常識があり、能力としても持っているという前提で入社の受け入れをされる企業様がほとんどのように思います。
 
確かにそうなのですが、そこが落とし穴というか、上手くいかないファクターになっている事が往々にしてあります。
 
私は、企業様に中途採用であっても、改めて社会人・組織人としての在り方や教育を踏まえた受入研修を実施するように伝えています。
 
なぜなら、中途採用で入った方は、社会人としての経験があるが故に、そのことを教える必要がない反面、その経験が入社した会社で活躍するのを阻害する要因にもなってくるからです。
 
 
中途採用で入った方は、社会人経験があるので、前の会社や、これまで働いた会社と比べて、今の会社を評価してしまいます。
 
前の会社は、こうだったのに。
 
また、業務のやり方や考え方も同様に前の会社と比べてしまいます。
 
前の会社では、これは自分の仕事じゃなかったのに。ここまでやらないといけないの?それって無駄だよね。えっ、なんでそんなやり方でやっているの?
 
などと、ドンドンそういったものが出てきます。
 
 
でも、これまでの経験が邪魔をして、それを正当化して、今の会社のやり方や考え方に合わせようとはなかなかなりません。
 
それで、不満が出たり、経験が活かせなかったり、能力が発揮できなかったりして、結局退職することになってします。
 
こういう事が結構、起こっています。
 
なので、受け入れ時や面接時に、明確にこの事を伝えておく必要があるわけです。
 
そして、本人の同意を最初にとっておく必要があるわけです。
 
例えば・・・
 
中途採用ということで、経験をかって迎え入れをしたいと思っています。ただ、経験が逆に能力を発揮するのを阻害することがあります。前の会社と比較してしまうことがあります。
 
それは、お互いにとって良い事にはつながらないので、まずは、これまでの会社のやり方や考え方は、一旦すべて捨てて、うちの会社のやり方や考え方でやって下さい。
 
ある程度覚えて来た時、これまでの経験を活かしてもっとこうした方が、良いなどのアイディアを聞かせてもらいたい。
 
という事を伝えて、同意をとっておくわけです。
 
すると、入社してしばらく経って、これまでの経験が、今の会社で業務を遂行するのを阻害している状況になっていたら「入社する時に話していたことが起こっているよね」ということで建設的な話し合いが出来るわけです。
 
最初にこれを伝えていないと揉めたり、不満が募ったりすることになります。
 
だから、中途採用であっても受け入れ研修などがすごく大事になるわけです。
 
皆さんの会社ではいかがでしょうか?
 
 
中途採用者に対して問題や課題が抱えているということであれば、こういった受け入れ時から見直してみてはいかがでしょうか?
 
最後まで読んで頂いて、ありがとうございます。

組織づくり小冊子プレゼント
社員研修・企業研修@福岡
人事コンサルティング@福岡
人材育成コラム@福岡の社員研修
会社案内
電話でのお問い合わせ@福岡の社員研修

 
メールでお問い合わせ@福岡の社員研修
【メディア掲載】

2015年6月のふくおか経済に弊社の取り組みが掲載されました。 

2009年11月のTHE21の「21世紀に伸びる企業」に掲載されました。
 

 
2016年9月の文部科学省所管・(財)生涯学習開発財団の情報誌に掲載されました。